ロードバイクにインプレッサ・40過ぎのおっさんの休日

menu a

YouStyle

ロードバイクのリュックサックはどんなのがいい?

ロードバイクのリュックサックはどんなのがいい?クロスバイクもロードバイクもママチャリと違ってカゴが付いていませんよねぇ。だから何かを持ってちょっと遠くへお出かけなんてときには、バッグが必要になるのですが、何が自分にあっているのかで結構悩みました。

自転車のサドルバッグはパンク修理セットでパンパンだし、キャリアやカゴは絶対に付けたくない。ハンドルに付けるフロントバッグもなんか違う。

どうやら私は自転車に収納をつけるのが好きではないようです。そんな私が色々悩んだ結果、今はコレに落ち着いています。

シマノのリュックサックです。
2014-06-17_21h44_58

コレに辿り着く前に色々カバンを試しました。それぞれ長所と短所が有りました。今日はそんなカバン選びのお話です。

Sponsored Links

最初は大きなリュックサック

クロスバイクに乗っていた頃は、スーパーでお買い物をしたりしていました。そのためU字ロックとアースロック用のワイヤーを常に持ち運んでました。常に荷物が多めになりがちなので容量の大きな通勤用のリュックサックを使っていましたね。

色々持てて便利は便利なのですが、とにかく重くて背中が暑いんですよ。冬でも背中が汗でびっしょりになっていました。このリュックを背負ってクロスバイクで30Km走ったりもしました。

ロードバイクでこのリュックはあり得ませんが、クロスでフルルにお買い物に行くときは、今でも背負ってます(笑)

ウェストポーチはどうなの?

ポタリングの時は、

  • 補給食
  • ちり紙
  • 小銭
  • 携帯電話

こういったものしか持たないので、ウェストポーチはどうなのだろうか?と考えたことが有ります。これなら背中も汗でびっしょりにならないしね。

2014-06-17_21h53_00

このウエストポーチ結構いいんですよ。Nexus7がぎりぎり入る大きさですごく気に入ってるんです。でも使ってみてわかりました自転車にウェストポーチは合いません。

何故かと言うと、長距離を走っていると腰に巻いたベルトが非常に苦しく感じてくるのです。じわりじわりとベルトが食い込んでくるんですよ。コレが疲労度をUPさせるし、ほんとうに辛い。

かといってベルトを緩くすると、骨盤よりも下の方にずり下がってしまいサドルに引っかかり非常に危険なんです。私の中ではウェストポーチは無しという評価が降っています。

やはり餅は餅屋?

カバンは両肩に紐をかけるリュックタイプがやはり良いようです。※メッセーンジャーバッグのような片方の肩にかけるタイプは、バランスが悪く疲れそうなので最初から敬遠しています。

それで今使っているのがシマノのリュックサックというわけです。

さすが自転車屋さんが(釣屋さんですけど)考えただけのことは有って、様々な工夫がなされて
います。

背中が蒸れないようになっています。
2014-06-17_22h02_06

ポケットが上と下についてます。コチラは下側ポケット。中で2つに分かれています。
2014-06-17_22h03_10

こちらは上側ポケット。ここに現金と携帯を入れています。
2014-06-17_22h04_22

普通のリュックは上に取り出し口が付いているものですが、このリュックは両側にファスナーがついてます。
2014-06-17_22h05_17

内部にもポケットがいくつか付いています。
2014-06-17_22h06_27

さらに両肩紐にも収納ポケットが付いています。
2014-06-17_22h07_00

さらにこのリュックは「ハイドレーションシステム」にも対応しています。背中に水をしょって肩紐からストローを出すことができるのです。よく考えられています。面白いですねぇ。

やはりシマノが作っているリュックだけあって、自転車乗りが使いやすい工夫が盛りだくさんってわけです。とても気に入っています。

さらに気に入っているリュックがあるよ!

上で紹介したシマノのリュックは10L(リットル)版です。実はこの他にも色々なサイズが揃っています。その中で一番小さいサイズが2L版です。

シマノのリュックはタキサイクルで紹介されたのですが、初めて見た時は「こんな小さいリュックなんて何に使うのだろう?」って考えたものです。なので10L版を購入していました。

でも自転車で色々なところに行くようになり、暑い季節が来るようになると、こう考えるようになったのです。

「あーあちぃ~。10Lのリュックだと背中暑くて背負ってらんねぇ。ウェストポーチにした方がいいかなぁ。でも紐がいてぇんだよなぁ。あーそうだ2Lの小さいやつならいいんじゃね?」

そんなわけで今は2L版も使用しています。右側がそうです。
2014-06-17_22h16_23

自転車に乗り始めの頃は不安であれこれ持ち運んでいたのですが、やはり自然と持ち運ぶ荷物が少なくなっていくんですよね。そうなると10Lのリュックでは無駄に大きすぎるのです。このとき2Lのリュックがなぜ存在するのかがわかりました。

10Lも2Lも基本的な構造は同じです。ただ2Lはハイドレーションシステムには対応していません。

ロードバイクは軽快に乗りたいものです。将来的には2Lのリュックも持たなくなって、すべて背中のポケットつめ込むようになるかもしれませんが、それまでは活用して行きたいですね。

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    • 星屑
    • 2014年 6月 18日

    Shimanoのバッグも良さそうですね

    バックはDeuter Race Eを持ってます。なかなか 良いですよ
    背に当たる部分がネットになっているので快適です
    房総もこれで行きました

    でも普段は使わないなぁ
    サドルバック、トップチューブバック、ツールボトル
    距離によってこの3点セットの組合せを変えて使ってます

      • 管理者
      • 2014年 6月 18日

      Deuter Race Eの写真見ました。
      肩紐が完全にメッシュだったり、背中が湾曲してたりと、これまた快適そうですね!
      デザイン的にはsimanoのやつよりもいいですねぇ。メッシュ感が素敵です。

      ツールボトルやトップチューブバックという選択もありですね。思いつきませんでした(笑)

      ドリンクは頭から浴びるための水と、スポーツドリンクで2つ必要だから
      トップチューブバックが良さげかもしれません。
      持っていくものも羊羹、ちり紙、小銭、携帯ぐらいですし。

      夏は背中開けておきたいですよね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。