ロードバイクにインプレッサ・40過ぎのおっさんの休日

menu a

YouStyle

2つの恐怖!?4時間連続路上技能教習の実態

2つの恐怖!?4時間連続路上技能教習の実態東洋モータースクールの2段階教習には、複数時間連続で行う教習がいくつかあります。

  • 救護・・・3時間
  • 高速・・・3時間
  • 危険予測、自主経路・・・4時間(技能1時間+学科1時間+技能2時間)

最長を誇る4時間連続の技能教習とは一体何をするのでしょうか?ちなみにこの教習は「複数(3人)」で行います。しかもディスカッションなどというおまけまで付いています。ドタキャンすると他のメンバーが教習を受けられなくなる可能性もあるそうです。

逃げ場はありません。ついに40過ぎのおっさんにも試練の時がやってきたのでしょうか?

Sponsored Links

1時間目:危険予測

最初の教習は危険予測です。

何をするのかというと、3人で変わるがわる路上を走ります。コースは助手席の教官がその都度指定してくれるというもの。狭めの路地を狙ったコースどりになっていました。

数十分ほど走ると、路上で停車しドライバー後退です。

この時のメンバーは、

  • おっさん(私)
  • 奥様
  • 若いおねえちゃん

の豪華な顔ぶれ。教官は若くて気さくな方なので、基本的に楽しい雰囲気で乗ることが出来ました。完全に私一人が浮いた存在でしたが、教官と話が弾むので幸いにもボッチにはなりませんでした(笑)

最初の1時間は教習所周辺の小道をぐるぐる周って、あっという間に終わりです。

2時間目:ディスカッション

「ディスカッションって何をするんだろう?教習生同士で1時間目の走りについて、責め立て傷つけあうのだろうか?」
「ようしそっちがその気なら・・・。やってやるぅ!」

気が重くなるようなことが起きるのかと想像していましたが、実際始まってみるとそうでもありませんでした。

  • まず最初に危険予測についての大切さを伝えるビデオを見ます。
  • その後教官が1時間目の運転中に気がついた危険なポイントを発表していきます。
  • それについてどう思うかをみんなで喋る。

こんな感じでしたね。終始リラックスした雰囲気でディスカッションは進みました。なかなか楽しかったです。これならボッチでも大丈夫。

ちなみに私の運転からは
「カーブミラーがある狭い路地を時速20Kmで走り抜けた。」
「写っていない部分もあるので、もっとゆっくり走ろう。」
と指摘されました。肝に銘じましたよ!

3時間目、4時間目:自主経路

危険予測の次に行ったのが、2時間連続、3人交代での路上教習です。ちょっと遠くまで走ります。

コースは地図を見ながら事前に決めておきます。ただし覚える必要はありません。なぜなら後部座席に乗る2名がナビ役をするからです。

こんなコースになりました。

  • 教習所~印旛日本医大駅そばの消防署・・・おっさん
  • 消防署~千葉ニュー北の公園・・・奥様
  • 千葉ニュー北の公園~教習所・・・おねえちゃん

2014-12-25_15h57_31

実は私、事前に自転車で各中継ポイントめぐりを行っていました。学科の時間に「ココと、ココと、ココを目指して経路を作るからね」って予告されていたからです。ポイント周辺の道路状況も全て把握するために合計100kmは走ったかな。

なので、各ポイント周辺の道路状況は完璧です。どこに行っても迷うことはありません。これはズルではありませんよ。知略です。妖星のユダが心の師です。

ちなみに自主経路で目標となるポイントは次のとおりです。これ等のポイントからランダムに選出されます。特に工場地帯の団地の経路は、頭に叩き込んだほうが何かとスムーズに行くのでお勧めです。

  • 臼井から佐倉街道を南に抜けたところにある公園
  • 印旛沼公園
  • 印旛日本医大すぐそばの公園
  • 千葉ニューの北側の公園
  • 教習所南側の工場地帯の団地の中にある公園

私の経路は教習所~印旛日本医大ですが、途中の経路は調べていなかったので、いつも自転車で走っている裏道が主になるようにコース設計しました。
2014-12-26_15h51_53

走って分かりましたが、阿宗橋~印旛沼公園の道は幅が狭く、アップダウンが結構あってバラエティーに富んでいました。さらに嬉しいことに、何台かのロードバイクが目の前を走って応援までしてくれます。ちょっとこのコースは失敗だったかも(笑)

幸いにも(?)彼らは教習車よりも速いので、無理に追い越さず自然にいなくなるのを待つと幸せになれました。

複数教習最大の難関

そんなこんなでボッチな私でも楽しく技能教習を受けることが出来たのですが、一つだけ「これはちょっと・・・」な部分がありました。

そのせいで次の複数教習である「高速教習」が始まる直前に、過呼吸で倒れるんじゃないかってくらい緊張してしまうトラウマを植え付けられたのです。

その理由は長くなるので別の記事でお伝えしましょう。

この一点を除けば、連続4時間の複数教習はとても楽しく有意義なものでした。ボッチでも全然怖くないですよ!

この教習のお陰で「私も自動車を運転して遠出(大したキョリじゃないですけど)が出来そうだなぁ」と可能性を見出せました。初めて路上に出た時に比べたら、だいぶ運転に自信がつきました。もちろん全然下手くそなのも自覚してますよ!(笑)

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

    • 2016年 11月 08日

    この人やたらボッチボッチって言ってるけど逆に同乗した女性二人はボッチじゃなかったの?

    というか教習所なんて大半がボッチでしょ。いい年したオッサンがボッチがどうたら気にしてて心底気持ち悪い。

      • 管理者
      • 2016年 11月 11日

      おはようございます!

      ご指摘の通りキモいですね!

      でもやっぱりぼっちが気になっていたんですよ~。
      性分なのでどうしようもないです。どっちかというと引きこもり系な性格ですからね。
      コンプレックスなのでしょうか。

      それでも頑張って教習所を卒業した自分を褒めてあげたいです。
      お陰で今は楽しい車生活を送っています。

      あ さんは路上教習を受けられているのでしょうか?
      がんばってください。すごく世界が広がりますよ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。